アクティブ株式会社

公開日:2024/03/11 最終更新日:2024/05/23
アクティブ株式会社

アクティブ株式会社は、安心・確実にアスベストを処理するプロフェッショナル集団です。お客さんから信頼を得るために、日々業務を継続し、挑戦と探求心をもって事業を遂行しています。この記事では、アクティブの特徴や、アスベストの除去方法、作業の流れについて詳しく紹介しますので、参考にしてください。

プロフェッショナル集団で取り組む姿勢

アクティブは、働く人や暮らす人を守ることを第一の指名とし、安全・確実にアスベストを処理するプロフェッショナル集団です。お客さんからの信頼を得るために日々業務を継続し、挑戦と探求心をもって事業を遂行しています。

アスベストは綿のように柔らかい形状であり、耐熱性・防火性・防音性・絶縁性など、優れた性質をもつため多くの建築資材や電気製品などに使われてきました。しかし徐々にアスベストと健康被害の関係性が科学的に解明されてきたことで、アスベストの使用規制が本格化しました。

アスベストは軽い衝撃を与えただけで繊維が粉々に砕け散るため、粉塵となって舞い散ります。この粉塵を吸い込んでしまうと、人体に危険を及ぼします。現在では全面的に使用禁止ですが、過去に建設された建物のほとんどは解体や改修工事を迎える時期です。

多大な被害を避けるためにも、アスベストを除去する工事には適切な知識と、万全の安全管理体制が求められます。アクティブでは、大規模修繕をするタイミングで対策工事が必要になった場合でも、一般して対応することが可能です。

アスベスト除去工法

アスベスト対策をするために、封じ込め工事や囲い込み工事などが行われますが、いずれの場合も飛散防止対策なので、問題そのものの解決にはなりません。アクティブでは、可能な限りアスベスト除去工事をおすすめしています。

アスベストは一般的に、ボイラー室天井・煙突内部・工場の屋根や外壁などに使われています。北海道では建物の中だけでなく、外壁の塗装下地にもアスベストが使用されていることが多いため、塗膜材ごとすべて剥がして封じ込めの作業まで行うことが一般的です。3つのアスベストの除去工法について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

除去工事

アスベストをすべて撤去する工法です。建物から完全にアスベストを取り除けるので、将来にわたり建物を安心して使用できるようになります。

封じ込め工事

薬剤を吹き付けることでアスベストを硬化させ、飛散しづらい状態にする工法です。飛散防止対策になりますが、アスベストはまだその場に残っている状態です。そのため、工事のあとも定期的な管理が必要になり、将来的に解体やリフォームをする際には、改めて除去工事をする必要があります。

囲い込み工事

アスベストの周辺を板材で覆うことで隔離する工法です。飛散防止対策になりますが、アスベストはまだその場に残っている状態です。そのため、工事のあとも定期的な管理が必要になり、将来的に解体やリフォームをする際には、改めて除去工事をする必要があります。

作業の流れ

次に、アスベスト除去工事をする際の作業の流れを紹介します。

事前調査・定性・定量分析

図面などから対象となる建物の情報を確認し、建築物石綿含有建材調査士の資格をもつ人が現地調査を行います。調査士が検体を採取し、アスベストの有無や含有量を確認します。アスベストがなかった場合は、その旨を報告し終了です。

調査報告・見積り提出

調査結果を説明し、対応方法と見積りを提出します。事前調査から調査報告までは、1~2週間程度かかります。

官公庁への届け出

除去工事に際し、官公庁・労働基準監督署へ事前の届け出をします。2021年からは、発じん性レベルに関わらず届け出が必要となっています。

工事準備

除去作業の現場は養生シートで覆い、アスベストが飛散しないように負圧集塵機を配置し、アスベスト濃度の推移もチェックします。作業場所と外部の間に設置するセキュリティルームなど、外部への飛散を防ぐための対策も実施します。

除去工事

アスベストに湿潤材を塗布し、できる限り飛散を防ぐ処置をします。その後、作業員が手作業で除去していきます。もし、目に見えないレベルの粉塵が残留していたとしても、固めて安全な状態にするため、飛散を防止することが可能です。

アスベストの処分

産業物処理法の規定にもとづき、特別管理産業廃棄物のごみ袋で厳重にアスベストを封じます。アスベストは、専用の処理業者に引き渡し、管理型最終処分場にて処分されます。

工事完了

除去作業の前と工事中に加えて、工事が終わったあとにも、大気中の浮遊状況を測定します。測定が住みましたら、除去工事完了となります。

まとめ

アクティブの特徴を紹介しました。アクティブは、安全かつ確実にアスベストを処理できるプロフェッショナル集団です。プロフェッショナル集団として、働く人や暮らす人のことを守ることを第一の使命として事業を遂行しています。アクティブは、アスベスト除去などの対策工事に関する適切な知識をもち、万全の安全管理体制も整っているため、安心して工事を依頼できるでしょう。

アクティブ株式会社の基本情報

会社名 アクティブ株式会社
住所 〒007-0806 北海道札幌市東区東苗穂6条3丁目1-27
電話番号011-792-9380
アスベスト調査から解体までワンストップ対応

琉栄開発

琉栄開発
引用元:https://ryuei-okinawa.com

法人から個人まで工事の大小に関わらず、幅広い解体工事に対応している琉栄開発について、その特徴や魅力をご紹介します。アスベスト調査会社やアスベスト除去業者を探しているのなら、ぜひチェックしてみてください。

【沖縄県】おすすめのアスベスト除去業者7選

イメージ
引用元:https://ryuei-okinawa.com

引用元:https://ijscorp.jp/top

引用元:https://www.kktouei.jp/

引用元:https://ryukyu01.co.jp/asbestos/

引用元:https://www.kamizatokogyo.com/
引用元:https://shokaihatsu.jp/
引用元:https://machi-clean-kensetsu.co.jp/asbestos/
会社名琉栄開発アイジェイエストウエイ琉球ゼロワン神里工業翔開発街クリーン建設
特徴
アスベスト調査から除去・解体工事までを一貫して対応する安心丁寧なワンストップサービス!
確かな目と経験をいかしたスムーズなサンプル採取作業“一現場・一担当者”をモットーに、これまで現場での事故はゼロコンプライアンスを徹底し安全施工・現場管理を遂行調査から届出書の作成及びアスベスト除去工事を一式で対応施工時には法令に従い適切な粉じん飛散防止対策を実施個人発注から大型施設・公共工事まで幅広く対応
主な事業内容アスベスト調査・除去/解体工事一式・付随工事全般
アスベスト撤去・LBP撤去・建物解体・各種建築工事(リフォーム・店舗内装・スタイルフォーム工事等)・現場管理・書類(英文・日文)作成・通訳翻訳業務解体・土木工事業・損害保険代理店・建設資材販売・海上運搬輸送業務建物解体工事・内部解体工事・アスベスト調査・はつり工事・産業廃棄物収集運搬・リフォーム工事・防水・塗装工事建物解体工事・内装解体工事・アスベスト含有調査・アスベスト除去工事公共施設改修工事・工場改良工事・工場改修工事建物解体工事・内部解体工事・船舶解体工事、草木伐採工事・造園工事、駐車場整備工事・調査及び処分【アスベスト調査、アスベスト除去】【PCB全数調査、PCB処分(運搬業務)】
対応エリア沖縄県内全域不明沖縄県内全域不明沖縄県内全域不明不明
事前相談/見積り××
営業時間/定休日【営業時間】8:00~17:00
【定休日】土曜日・日曜日・GW・旧盆・年末年始
不明不明月〜金:9:00〜18:00不明不明不明
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る

おすすめ関連記事

PR費用を抑えた施工が可能なアスベスト除去業者の特徴とは?